« 火曜日のバカ話 | トップページ | 無力な月曜・・・ »

2010年1月31日 (日)

声無き号泣は、車内に響く・・・

前略でやんす。

新大阪発22:29、新幹線「のぞみ」広島行き。

ガラガラの4号車で、男1名 声こそ出さないが号泣・・・。

鼻水は出るわ 涙はでるわ 麦酒臭いわで、もう大変だったそうでやんす。

男1名の正体は、所長さんcrying

なんでも「マールのドア」なる本を、車内で読んでた所長さん2010013110230000  その場面は

主人公犬マールの友達犬に腫瘍ができて・・・

最後は家族や友人、友人犬に見守られ 天に駆け上がった場面があり

深夜の新幹線車内で泣く中年男、 検札に来た車掌さんもさぞびっくりしたことでやんしょsweat01

帰宅後の所長さん 「あ~ まわりに誰もおらんでよかった~ほんま鼻ズルズルや~」と感動親父化しておりやしたbleah

Img_5458 ◎「う~ん 今日は何か優しいぞ所長さん・・・でやんすsign02。」

「マールのドア」(MERLE’S DOOR) 著者テッド・ケラソテ~ネイチャーライタのケラソテ氏の実話らしい。 キャンプにスキーに 狩猟も含めて パートナーとして犬と生きた日々が綴られる。おもしろいsign01

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

« 火曜日のバカ話 | トップページ | 無力な月曜・・・ »

ペット」カテゴリの記事

フォト

お気に入りリンク

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ